イチロー選手のこれまでの活躍と引退、殿堂入りについて

私は大阪在住ということもあり、大の阪神ファンです。
そのため子供の頃から阪神の試合を中心に、プロ野球をよく見ていました。野茂が大リーグに挑戦して以来、多くの日本人が大リーグでプレイするようになりました。その中でも最も活躍しているのは、間違いなくイチローだと言えます。

 

 

イチローは1991年にドラフト4位でオリックスに入団します。そして1994年に鈴木一朗からイチローに登録名を変更します。このとき同じくパンチ佐藤がパンチに登録名を変更したことが話題になりましたが、イチローという名前の選手もいるのかという程度しか世間の認識はなかったと思います。しかしこの年からイチローの活躍は続き、当時のプロ野球記録210安打を作ります。そして2000年までの7年連続首位打者となります。

 

 

 

そして2001年に大リーグのシアトルマリナーズでプレイすることになります。
そしてこの年、新人王、MVP、首位打者、盗塁王などいきなり大活躍することになります。ここで私が最も印象的なシーンが、イチローがライトの守備をしているときに、打者がライト前ヒットを打ちます。そのとき一塁ランナーだったヤングが三塁まで走るのですが、イチローが補給すると素早く三塁へ矢のような送球をし、ヤングはアウトになります。この時の送球を実況では「レーザービーム」と言っていますが、イチローの送球は山なりではなく、直線的な軌道を描いており、三塁手は球を取るだけでヤングはタッチアウトになります。このプレイは何度見ても感動するプレイだと思います。

その後イチローは2004年にシーズン最多の262安打を記録します。そして10年連続200本安打を記録します。そしてヤンキースへ移籍し、のちにマーリンズへ移籍します。2016年には500盗塁と3000本安打を記録します。

 

 

 

このようにイチローの活躍は誰もが認めるところですが、話題はいつまで現役を続けるのかということと、いつ殿堂入りをするのかということになってきます。

私は強豪チームでない限り、出場機会はまだまだあると思います。例えば、大リーグでは年棒の高い選手がいれば、それほど調子は良くなくても使わざるを得ないという大人の事情があります。そういうことがない限り、イチローは体力的には年齢の割に若いので、まだまだ出場し活躍できると思いますし、実際に活躍している姿を見たいと思います。

 

 

個人的には、視力が悪くなるか、大きな怪我をするまでは、現役を続けられるのではないかと思っています。

そして殿堂入りはもう確実視されています。これについては何も心配はいらないと思います。

 

今まで我々日本人を元気付け、感動を与えてくれたイチローには大変感謝したいと思いますし、いつまでも元気でプレイしてくれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です