月別アーカイブ: 2017年4月

111のエンジェルナンバーとわたしの人生の転機

エンジェルナンバーというものがあると知ったのは、わたしが20代後半、人生に疲れきっていたころです。

 

当時、仕事も充実はしていましたが、毎日0時過ぎの電車で帰り、車内で涙が出てしまうということがよくあり、咳をすると止まらなくなる、という状態でした。
ストレスから体がボロボロになっていたんだと思います。20代の体だからやっていけたんだなと思います。今はとても無理です。毎日毎日、転職も考えなきゃと思っていました。

 

 

 

帰宅すると、すぐにシャワーを浴びていました。少しゆっくりしてしまうと朝まで起きれないし、早めにシャワーを使わないと、深夜になってしまい、下の階の住人に水の流れる音で迷惑がかかると思っていたからです。

バスルームの湯沸かし器には、デジタル時計の表示がついていました。

はじめは気にしていなかったのですが、いつも同じ数字と目が合うようになりました。「1:11」です。はじめて気づいたときは何とも思わず、「あ、ゾロ目だ」としか感じませんでしたが、よく見るようになり、気持ちが悪くなりました。

 

 
夜中ですし、心霊現象のように思えて、ぞっとしたのを覚えています。
平日のうち4日くらいが「1:11」だったことがあります。さすがに4日連続で見たときは、怖くなりました。

 

 

エンジェルナンバーというものがあるのを知り、1のゾロ目の意味を調べたら、「思考は現実になるのでポジティブでいるように」という意味でした。

 
本屋でエンジェルナンバーの本を立ち読みしながら、すっと腑に落ちました。「ああ、そうだな、やっぱりそうだな」と思い、涙が出てきました。

 

 

 

 

 
その後、転職活動を決意し、無事に仕事を変えました。ストレスもなくなり、今振り返るとそれがターニングポイントとなって、人脈も変わり、広がっていき、今の彼との出会いにつながりました。

 
転職した直後は給与も下がったのですが、少しでも興味があることを仕事に選んだのと、自分の時間が増え、波長の合わない人に囲まれるといったストレスもなく、結果、しばらくすると収入は以前よりも増えました。人生、てこんなに変わるものなんだ、と思います。

 

 
今でも、111のゾロ目は意味があると思って、たまに目にしたときは、自分がポジティブでいるようにとのメッセージだと受け止めています。

引越しはささっと簡単に☆

買い物、カフェ巡りが好きな30才女しています。
岐阜県の片田舎でマイペースで生きています。
子供は0才と3才のどちらも男の子、旦那との4人家族です。

 

旦那さんの転勤で去年引越し、さらに念願のマイホームを購入して2度目の引越しを今年しました。
季節は夏真っ盛り、2歳の子供が1人、更に私は妊娠8ヶ月、荷造りもままならない絶対大変な引越しになることは簡単に想像できました。

 

 

 

とりあえず最初にインターネット「引越し侍」で一括見積です。CMをしてるような大手から聞いたこともない引越し会社まであるみたいやけど…とにかくやらないと始まらない。

と申し込んだら早速電話ラッシュが!

最初な電話のあったサカイ引越しセンターにまず来てもらって他社はそのあとの時間、他は次の日、急に忙しくなりました。

 

 

 

 

 

早速サカイに見積りにきてもらうと、まず座って挨拶から。名刺をもらって段取りを聞いてふむふむ、部屋中の荷物をチェック(クローゼットの中はささっと見るだけで、あとは主に大物家具の数やサイズ)

それから引越し日と引越し先、荷物の量で見積りを出してもらいます。

 

ここから値引き交渉!うちの場合、
・前回もサカイを利用している
・地元不動産屋から直接紹介
・妊婦
を盾にお願いしました。

 

 

 

真夏で準備の梱包も出来そうにないと営業さんも酌んでくれて、当日梱包をサービスしてくれました!これはとっても助かりました。

 

さらに今契約を決めたらもう少し安くできると。正直ここまで一時間…話聞くのも疲れたしまた他の会社に来てもらって1から話をするのも面倒だなーと、思っていたのでもう決めてしまおう!という感じでした。

さらに一括見積りでこのあと頼んでいた他社にはすべてサカイの営業さんが断りの連絡をいれてくれるとの申し出が!

 

 
これは決めるっきゃない、ということで無事引越しの契約ができました。
相場はわからないけど、値切れたし時間もかからなかったので満足です。

 

 

当日は感じのいい作業員の方2人がもうテキパキテキパキとやってくれて楽チンに引越しすることができました。うちはもう引越しすることはない予定ですが知人がする場合はおすすめしていきます。

一期一会を大切にしたい!

私は37歳の女性です。

趣味はヨガとピラティス、そして、ともかく人を笑わせることが大好きです。
性格はどちらかというと明るい方です。でも、社交的かというとそれほどでもありません。休みの日は、家の中で過ごすのも、外に出かけるのも両方好きな、関西在住の独身です。住まいは、都会寄りの地方都市といったところでしょうか。

 

 

男女の出会いについて思うのは、一期一会って本当に大事だな、ということです。

出会いはどこに転がっているかわからない、というのが、これまでの人生の中で得てきた教訓でもあります。職場、趣味のイベント、習い事教室など、自分の属するコミュニティーだけが出会いの場というわけではありません。もちろん、婚活パーティーや合コンなど、男女の出会いを目的とした場所だけでもありません。

 

 

 
これは、私自身の経験談なのですが、かつて、接客業についていた時のことです。

私が直接担当していたクライアントではなく、ひょんなことからクライアントの知り合いと出会い、仲良くなった経験があります。というのも、本来、クライアントと仕事上の面談をする予定だったのですが、そのクライアントが来られなくなったのです。

そして、その代わりにやってきたのが、その知り合いだったというわけです。相手と仲良くなったきっかけは、仕事上の面談内容以外の共通点がびっくりするくらい多かったことです。

出身地も近く、出身校も同じ。年齢こそ違いましたが、好きな食べ物や好きなお笑いタレント、自分が興味のある映画などがどんぴしゃで同じだということが話の流れからわかり、すぐさま意気投合しました。

 

 

 
そして、ほどなくして映画に行く約束をしたのがその人との仲の始まりになったというわけです。そもそも、クライアントと予定通り面談できていれば、その人物とは会うことはなかったでしょう。この出会いをきっかけに、私は、とりわけ男女の出会いとは、タイミングが縁を運んできてくれるもの、と考えるようになりました。