浜の真砂は尽きるとも、お金の悩みは尽きません

55才の独身女です。
九州の南端に住んでいます。性格はマジメ、趣味は音楽と相撲観戦(TVで)
自由に使えるお金は月に2万円くらい。
・・といっても、いま体調崩しているので、友人から借金をしてなんとか生きてるってとこ。

 
私は独身なので、給料を持ってきてくれる夫がいません。それで自分でなんとかしなくてはならず、アフィリエイトを始めて副収入を得るように頑張っているのですが、一ヶ月で得られる収入は150円とか200円などと、収入とは言えないくらいの額しかありません。
それで、持っているもので、もう使わないものや、持っていても仕方がないものなどを、ヤフーオークションで売ることにしています。

 

 

先日はずっと持っていたエルメスのガーデンパーティーバッグが15万円で売れてホッとしました。

持っていても使うことがないので、もったいなかったのです。かなり長い間出品していたのですが、やっと売れたというような感じです。

オークションに出品するためには、品物の写真を撮ったり、説明書きを書いたりすることが必要なので、かなり面倒なのですが、売れればそれだけ収入になるので、頑張って出品しています。

 

 
今週はシャネルのサングラスが売れました。
しかし、落札されてもシステム利用料金が落札額の8%以上が課せられるので、なんだか勿体無いな、と思うのです。

落札されたものが高価なものになればなるほど、システム利用料金が大きくなって、損をしているような気持ちになってしまいます。スマホを持っていたら、もっと便利なアプリがあるようなのですが、私はスマホを使っていないので、そのようなアプリを使うことができないのです。

 

 

 

 

スマホにすると通信費が高くなるので、未だにガラケーを使っています。お金を節約するのは大変で、もう買わないぞ、と思っていても、毎日の食事などは買わなければならないので、仕方がありません。それに、医療費もかさんでいます。歯医者に通っているのですが、毎回費用がかかって、かなりの負担になってしまっています。

 

中古車クルマの買取り査定のポイント!

愛知県知多市に住む31才、男性会社員です。

性格はどちらかというとのん気、趣味はアウトドア。
最近は、車買取会社も増え、どこで売ったら良いのか分からないなんてことも少なくないです。そんな時は一つの業者に絞るなんてことはせずに、なるべくたくさんの業者で比べることが賢い選択だといえます。

 

そんな時に役に立つのがネットで利用できる一括査定サイトです。私も実際に利用した経験があるので、その体験を踏まえてご紹介したいと思います。
まずは、ネットでの登録から始まります。
内容は愛車の基本情報として、車種、年式、走行距離等を入力します。次に、自分自身の個人情報を入力します。最後に、査定をお願いしたい業者を選択して登録は終了です。作業自体は5分ほどで終わる簡単なものです。

 

 

 

 

入力が完了すると翌日には業者の担当者から電話がかかってきます。中古車査定の場合には、やはり車の状態が査定金額に大きく関わりますので、ほとんどの会社は出張査定の話になります。もちろん、実物を見てもらわなければ始まらないので出張査定となるでしょう。

 

 

 
ここからが査定の話になるのですが、中古車の査定金額をつける時に基本となるのがオークション金額です。中古車買取業者は、基本的には買取した車をオークションへ出します。

 

 

その為、現時点のオークション相場を査定金額を決める参考にしています。その為、どの会社も買取金額の上限はオークション相場金額ということになります。

 

では、査定金額をなるべく高くするにはどうすれば良いのでしょうか。それはずばり多くの業者で比較して競わせることです。他社が高い金額を出してくれば可能であればより高い金額で勝負をしてくるはずです。そのように競わせて最終的に一番高い金額がオークション相場に一番近いはずです。

 

 

 
さらに、もっとお得に車を買い替えたいのなら、その一番高い査定金額を把握した上で買い替えの車を選びます。下取り金額と買い替えの車の値引き金額も加わればよりお得に車の買い換えができるはずです。

 
手間と時間はかかるかもしれませんが、数万円から数十万と違うこともありますので車の買い換え時には是非ともお試しいただきたいです。

趣味のテニスをきっかけに利用した脱毛サロン

私は埼玉県に暮らしている39歳の既婚者です。結婚して10年ほど経過しており、小学生の女の子と夫を含めて3人暮らしです。

 

私の性格はすぐに誰とでも仲良くできるネクラのタイプであると感じています。
趣味の女性同士が中心に参加しているテニスをきっかけにして、脇毛が気になったことが脱毛体験のスタートでした。

脱毛を考えた理由には男性の若くて顔立ちの良いコーチがやってきたことも大きく影響しています。女性のコーチだったころの私たちはあまり気にせずにテニスをしていましたが、男性のコーチになったことをきっかけとして脇毛への関心が高まっていきました。

 

 

10年位前の独身の時代に脱毛器による脇毛のケアを試したことがありましたが、失敗してしまいトラウマになったことがありました。でも、最近のレーザー治療などの最新の施術を試したい部分もあって、テニス友達の中でももっとも仲が良い人に相談してみました。その人が教えてくれたのが東京の脱毛サロンの店舗でした。
教えられた脱毛サロンでは、私が月に自由になるお金の4万円ほどでは足りないことがわかり、自分で探すことになりました。お金に見合う場所の銀座カラーという店舗を見つけ出しました。

 

 

 

電話で問い合わせすると定番のコースが月額5200円で済むことから、この店舗で施術することにしました。月額5200円のプランは月額制で通い放題な魅力があり、週末の土日の都合が良い方の曜日に出かけました。

 
2ヶ月ほどで8回ほど利用して脇毛をツルツルにすることが実現しました。初めての脱毛サロンの利用は最初だけは戸惑いましたが、2度目以降は流れが理解できたため、安心して施術に通えました。住んでいる埼玉の地域から1時間ほどかかりましたが、小旅行のような気分で楽しい時間が過ごせたことも有意義でした。

 

 
東京の脱毛サロンを教えてくれた友人に銀座カラーのことを話したら、次に出かけるときには利用してみたいと話していた点からしても、月額の施術料金の安さが魅力だと感じられました。

冷凍弁当は利用すべき価値が高い

私は茨城県の取手市に住んでいる33歳の女性です。職業は主婦です。

趣味は電子コミックの無料版を読みあさる事です。夫と未就学児の子供と、ペットの猫が一匹います。
私が自由に使えるお小遣いと呼べるものはありません。主人が家計も全て管理しているので、余計なお金は与えられていないのです。
なので、自分の洋服などは主人の了解を得てたまに買って貰う程度です。
基本的にはネクラです。私は専業主婦なので、あまり冷凍食品などは買いません。
節約しているというのは最もですが、主人が既製品を嫌っているというのが最大の理由です。私は主人と結婚する前、一人暮らしをしていたので、節約のためにお弁当を持って会社に行っていました。冷凍食品さえあれば、時間に余裕も出来るし、何しろ安くて美味しいと思っていたので、冷凍食品を食べない日はない位でした。けれど、主人に一度作ったお弁当に冷凍食品を入れたら、美味しくないと言われました。手作りに比べれば、もちろんある程度味が落ちるのは仕方ないと思いますが、今はかなり美味しい商品が多いので、そんなに毛嫌いする程かなと疑問に思いました。

それ以来、我が家では冷凍食品は買わないのです。
しかし、慣れない子育てに追われるようになってから、食事を作る時間も満足に確保出来ない時期があったので、正直言って冷凍食品に頼りたかったです。
冷凍弁当なんて、とても便利だし、私自身がささっと食べたい時に利用したかったです。栄養云々言う人もいますが、今は鮮度が落ちないで冷凍保存出来るとも聞きますし、悪いことばかりではないと思います。栄養素は、お手製の物に比べると劣るかもしれませんが、そんなに深く考える必要はないと思います。
寧ろ、ジャンクフードを食べたり食事を抜くことの方が問題だと思うからです。
また、冷凍弁当はそれなりにバランスを考えて作られている商品も多いので、一人暮らしの人には持って来いの商品だと思います。一人暮らしだと、なかなかバランス良くは野菜も食べられないと思うからです。

イチロー選手のこれまでの活躍と引退、殿堂入りについて

私は大阪在住ということもあり、大の阪神ファンです。
そのため子供の頃から阪神の試合を中心に、プロ野球をよく見ていました。野茂が大リーグに挑戦して以来、多くの日本人が大リーグでプレイするようになりました。その中でも最も活躍しているのは、間違いなくイチローだと言えます。

 

 

イチローは1991年にドラフト4位でオリックスに入団します。そして1994年に鈴木一朗からイチローに登録名を変更します。このとき同じくパンチ佐藤がパンチに登録名を変更したことが話題になりましたが、イチローという名前の選手もいるのかという程度しか世間の認識はなかったと思います。しかしこの年からイチローの活躍は続き、当時のプロ野球記録210安打を作ります。そして2000年までの7年連続首位打者となります。

 

 

 

そして2001年に大リーグのシアトルマリナーズでプレイすることになります。
そしてこの年、新人王、MVP、首位打者、盗塁王などいきなり大活躍することになります。ここで私が最も印象的なシーンが、イチローがライトの守備をしているときに、打者がライト前ヒットを打ちます。そのとき一塁ランナーだったヤングが三塁まで走るのですが、イチローが補給すると素早く三塁へ矢のような送球をし、ヤングはアウトになります。この時の送球を実況では「レーザービーム」と言っていますが、イチローの送球は山なりではなく、直線的な軌道を描いており、三塁手は球を取るだけでヤングはタッチアウトになります。このプレイは何度見ても感動するプレイだと思います。

その後イチローは2004年にシーズン最多の262安打を記録します。そして10年連続200本安打を記録します。そしてヤンキースへ移籍し、のちにマーリンズへ移籍します。2016年には500盗塁と3000本安打を記録します。

 

 

 

このようにイチローの活躍は誰もが認めるところですが、話題はいつまで現役を続けるのかということと、いつ殿堂入りをするのかということになってきます。

私は強豪チームでない限り、出場機会はまだまだあると思います。例えば、大リーグでは年棒の高い選手がいれば、それほど調子は良くなくても使わざるを得ないという大人の事情があります。そういうことがない限り、イチローは体力的には年齢の割に若いので、まだまだ出場し活躍できると思いますし、実際に活躍している姿を見たいと思います。

 

 

個人的には、視力が悪くなるか、大きな怪我をするまでは、現役を続けられるのではないかと思っています。

そして殿堂入りはもう確実視されています。これについては何も心配はいらないと思います。

 

今まで我々日本人を元気付け、感動を与えてくれたイチローには大変感謝したいと思いますし、いつまでも元気でプレイしてくれることを願っています。

おもしろい例えで分かりやすく解説してくれた占い師

占い師に見て貰った当時は4年前の27歳の時で、福岡に住んでいた時の話です。

その時は独身で、当時の彼氏との関係に悩んでいました。
私はその時、1人暮らしで猫を飼っていました。(現在は既婚で猫ちゃんも一緒に暮らしています。)

当時、仕事で九州支社を担当していたのですが、所属は関東の会社だったので周りに関東出身が多く、年に4回は関東出張がありました。

元々、私は九州出身なので違和感はなかったんですが、関東出身の人達と関わる機会が増える中で、彼氏の亭主関白さに気付く様になりました。

例えば、友達との飲み会などに行くとすごくカッコつけます。
居酒屋などで皿に取り分けるのは女性が基本します。
酒が空になっていると「早くしないと手酌しちゃうよ。」などです。
また、関東出張の際は代わりに猫ちゃんの世話をしに1人暮らしの我が家に来て泊まったりしてくれていたのですが、突然電話が来て「部屋が汚い!片付けてから仕事に行きなよ」など、疲れているのに家事にも口出しをしてきていました。

一方私は、メーカーの販売促進部にいたので、さらなる飛躍の為に日々、MCやプレゼンテーションのセリフを覚えたり発生練習をしたり、英語を完璧にマスターする為の勉強をしていました。

そういう姿を見て彼からは「夢もいいけど、まずは猫の世話と片付けを完璧にしないとね」的な事を言われ、なんだかもやもやしていました。

そんな時に、友達から紹介して貰ったよく当たるという占い師に見てもらいました。

占いの種類は、生まれた日の星回りと手相を合わせたものです。
占い師からは【うーん。悪くはないんだけどね。でも、分かりやすく言ってしまうとあなたの彼氏はコンビニの店長クラスね。で、あなた自身は大型スーパーの店長クラス。分かる?魂の求めているステージが違うの。あなたそもそも九州にずっといる気無いでしょう?あなたの星回りはね、生涯色んな場所を移動するのが好きなの。で、あなたの彼氏は同じ場所に、じーといるのが好きなの。あなたの彼氏の懐の広さは、あなたには狭いからいずれ破って外に出て行ってしまう可能性が高いわね。別れるなら今のうちよ。次の相手が出てくるのが後一年後。その人逃したらあなたにはもういい人出てこないか】とかなり具体的な内容を言われました。

その頃、なんとなく想像してた未来をばっちり当てられたので、さっさと別れて希望を出し、東京に戻りました。
その後、同じ会社の関東支社の同期と結婚して今とっても幸せです。

龍に貫かれた!!

知人女性のお話です。
結婚二十五年、成人した子どもがふたりと、大学生ひとりの母です。

彼女はかれこれ十年ほど、占いやスピリチュアルのイベントに足繁く通っていました。
初めは知り合いに誘われて、たまたま都合がついたので行ってみたそうですが、そのときにもらったチラシなんかを見て、どうやらあちこちの占い師のもとへ出かけていたようです。

会うたびに新しいブレスレットをしていたり、ファッションや食べるものもすこしずつ変わっていきました。ですが、なにをやっても彼女はあまり垢抜けませんでした。すこし暗い印象の服ばかり着ており、休みの日はカップ麺や冷凍食品で済ませていて、会うときはいつもしかめっ面をしていて、機嫌が悪いのかと思えばそれが彼女の普通の表情、なんていうようなタイプでした。
それがここ最近、急に、おとなしいとはいえレースのついた麻の服を着たり、髪の毛を明るく染めてみたりするようになり、食材に気を配るようになり、表情も朗らかになってきたのです。顔の血色もよくなり、以前はほとんど化粧もしなかったのが、眉毛をかいてみたり、ネイルをしてみたりと、なんだか日に日に別人のようになっていったのです。

私は彼女に、いったいなにがあったのか、と聞きました。すると彼女は、あっけらかんとした様子で、「龍が入ったのよ」と言うのです。

彼女が言うには、その人のなかに宿る龍を描く、という占い師にあったのだそうでした。その日のイベントのなかではその占い師が誰よりも人気で、お昼を過ぎた頃には一日分の予約が埋まってしまうほどだったのだそうです。彼女は朝一番で予約を入れていたので、描いてもらうことができた、と得意気に言っていました。

彼女は自分が描いてもらった龍についてはほとんど語りませんでしたが、その晩、寝ていると、肩を叩かれたというのです。それで目を開いてみると、開けていられないほどの眩しい光が周囲から差し込んできていて、そのなかを一筋のさらに強い光が走っていました。それはどんどん大きくなって、熱いほどの光の塊が、彼女の頭のてっぺんから入りこんできたのだそうです。そのあと、すこしずつ体の中を下へ下へと這っていくのが、皮膚に浮いて見えて、最後に足の先から出ていったのだと言います。彼女はすぐに倒れるようにして寝てしまい、朝起きて鏡の前に立ったとき、自分が光り輝いていることに気づいたのだ、と言いました。

彼女はそれから、いまのところずっと、新しいファッションや食生活を続けています。家族にも驚かれているそうですが、彼女はまるで、これが本来の自分なのだ、というように、とても満ち足りた顔をしています。

『友人の引っ越し』(素敵なやかん)

お料理が趣味の、一人暮らしの独身OLです。

休日になると、大好きなスイーツや常備菜などを作って、お一人様生活を満喫しています。
私の勤める会社には社員食堂がないので、毎日手作り弁当を持参しているのですが、休日に切り干し大根やらひじきの煮物やらを作りおきしておくと、毎朝の時間短縮になります。

就職してからもう7年になるのですが、今でも早起きは苦手で、朝のほんの10分の時間がすごく貴重なのです。

近頃は、よくつるんでいた女友達が次々とお嫁に行ってしまい、中にはママになった子もいて、週末一緒に呑みに行く相手が急に減り、少し寂しいなと感じていました。

そんな矢先に、同じく独身の友人が、実家を離れてご近所に引っ越してきたのです。

この辺りは大井町線沿線で、東京都内とは言え、商店街などもあり、治安も良いため、女性一人でも暮らしやすい街です。

近くにはバーもあれば、昔ながらの銭湯や神社も数多くあり、今時の便利さと古き良き日本の風景を兼ね備えた、ちょうどいいバランスの場所が多く、私は気に入っています。

友人にも色々な素敵なお店を教えてあげたいなと思いながら、先日彼女の引っ越しの手伝いでお家に遊びに行ったところ、何とも可愛らしいやかんを発見。

水色の地球儀の形で、取手のところにはシロクマが付いています。
お湯が沸くと汽車の音まで鳴り出し、『世界の車窓から』を感じさせるようなやかんなのです。

学生時代からセンスのいい彼女でしたが、こんなやかんは今まで見たことがなく、私もひと目で気に入り、一人暮らしを始めた友人のウキウキした姿に、彼女の未来は明るいだろうなと、確信に近いものを感じたのでした。

身の回りにお気に入りのものを置くと、気分も良くなり、快適に過ごせる気がします。

今後は自分の家に居るよりも、彼女の家に入り浸る事になりそうな予感。

二人で銭湯に行った後、焼き鳥屋さんで一杯なんて最高だなぁ(^.^)/~~~
たこ焼き屋さんもいいなと、週末が楽しみになり、ますます彼氏をつくる気がなくなりそうですが、もうしばらくシングルの気楽さを満喫しようと思います。